料理・レシピ

ガッテン流!バッター液でチキンカツを揚げてみた

ビタクラフト チキンカツ

今年1月のガッテンでフライの特集がありました。

ガッテン 平成最後の年に贈る!家庭の「フライ」新常識

(2019年1月16日放送)

そこで紹介されたバッター液を使ってフライに挑戦です。

フライを手軽においしく作れるバッター液とは?

トンカツのつもりでしたがトンカツ用のお肉がお高かったので(^^; 今回は鶏むね肉で。

バッター液というのは外食ではよく使われているそうです。

家庭でフライの手順といえば

小麦粉→卵液→パン粉 の3段階が一般的ですが、

バッター液 →パン粉 の2段階にできるそうなのですね。

早速作ります。

バッター液の分量

小麦粉  大さじ4

卵    1個

水    小さじ2

(これでトンカツなら2枚分)

鶏むね肉は柔らかくするためのヒミツの下ごしらえをしてあります。

鶏むね肉をやわらかジューシーにする方法

こちらに先ほどのバッター液、パン粉の順につけて揚げます。

あんまりたっぷりつけすぎると衣ばっかりのフライになりそうなので、

ちょっと控えめにしました。

はケチりすぎずに、2㎝くらいは必要だそうです。

というのは、菜箸でフライパンの中で具材をゆらゆら移動させて熱効率をよくし

全体に熱い油を回すことで短時間にサクッとおいしいフライに仕上がるから。

うん!ちゃんと揚ってます!

バッター液という名前は知りませんでしたが、お店ではこういうのを使うというのは

何となくは知っていました。

でも素材に小麦粉をはたく工程は必要だろうと思っていました。

素材にいきなりバッター液でいいのですねえ!

素材の凹凸が気になるとき、表面をなだらかにしてくれる効果もあります。

バッター液でチキンカツ
てんこ盛り・・・大皿ほしいな

衣の材料があまったら・・・↓

ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。