季節しごと

【梅シロップ】青梅を冷凍して作る方法│初心者におすすめ

梅シロップ 冷凍

青梅が八百屋さんに並びはじめると、やっぱり作らずにはいられない。

今年は青梅と砂糖が同量、一晩冷凍させる方法で作りました。

梅シロップ

梅を冷凍させることで梅の繊維が破壊されてエキスが出やすく発酵もしにくいので、失敗することなく早く作れるというメリットがあります。

  • 青梅と砂糖は同量
  • 保存容器は青梅の2.5倍の大きさ
  • 保存容器は煮沸、またはアルコール(焼酎)消毒
  • 青梅を一晩冷凍させるとエキスの出るのが早い
  • 砂糖が溶けて梅がほぼしぼむのにかかった時間は1か月(気候にもよると思います)

1週間でも飲めるようですが、砂糖が全部溶けて青梅がほとんどしわしわになるのには1か月かかりました(今年は涼しかったためかも)。

1か月程たってエキスが十分絞り出されてからの方がおいしくいただけました。

梅シロップ

青梅を冷凍してつくる梅シロップの作り方

材料

  • 青梅  1㎏
  • 砂糖  1㎏

用意するもの

  • 保存瓶(3L以上)
  • ポリ袋
  • 竹串または爪楊枝
  • 消毒用アルコールまたは35度以上の焼酎など

作り方の手順

  1. 青梅はよく洗って水けをしっかり拭き取り、竹串などでへた(なり口)を取る。
  2. 1をポリ袋などに入れ、口をしっかり結び、冷凍室で一晩凍らせる。
  3. 消毒した保存瓶(下記参照)に2の青梅と砂糖を交互に重ねて入れ、なるべく涼しいところに置く。
  4. 砂糖が溶けるまでは1日1回瓶をゆする。砂糖が溶ければ完成。

実際に梅シロップを作ってみよう!

1.青梅はよく洗って水けをしっかり拭き取り、竹串などでへた(なり口)を取る。

【作業1日目です】
青梅

青梅のヘタ(なり口)

これを竹串などで取ります。取った後のおへその水気もちゃんと取りましょう。

2.1の青梅をポリ袋などに入れ、口をしっかり結び、冷凍室で一晩凍らせる。

梅シロップ

冷凍庫で明日までおやすみなさい

(※しっかり凍らせることができれば当日続きの作業をしても大丈夫)

zzz・・・

3.消毒した保存瓶に2の青梅と砂糖を交互に重ねて入れ、なるべく涼しいところに置く。

【作業2日目です】

保存瓶の消毒

瓶の消毒には『煮沸消毒』する方法もありますが、耐熱性でない保存瓶も多くあります。

消毒用アルコール、または35度以上の焼酎などで消毒できます。

梅シロップ

① まずは保存瓶を普通の中性洗剤でよく洗います(フタも忘れずに)。

熱めのお湯で洗うと乾きが早いです。

② 保存瓶を清潔な布巾やキッチンペーパーなどの上に置いて自然乾燥させます。

自然乾燥が難しければ清潔なキッチンペーパーなどで水気をしっかりとふき取ります。

③ アルコールスプレーを吹きかけて清潔なキッチンペーパーでふき取ります。

または35度以上の焼酎を浸したキッチンペーパーでぬぐいます。

梅シロップ

清潔な菜箸とキッチンペーパーを使います

2020.6.6追記
今年はキッチン用のアルコールスプレーが手に入らないので、ホワイトリカーを使います。
35度では度数が低いのでは?という気もしますがこの方法は昔から使われているようで、私もこれまでこの方法でカビたりなど問題になることはありません。

いざ、梅を投入!

凍らせた梅と砂糖を交互に重ね入れます。

何と保存容器が小さすぎて砂糖が全部入りませんでした…。

梅シロップ
きび砂糖が足らなかったので下の白いのはグラニュー糖…

翌日は梅の水分が出てカサが減ったので残りの砂糖を追加投入しました。

実はこちらの保存瓶は2L。小さすぎました。

調べてみると梅シロップ作りの保存瓶はには青梅の2.5倍の大きさが目安だそうです。

青梅1kgと砂糖1kgだったら3Lの大きさの保存瓶が必要ですね。

4.砂糖が溶けるまでは1日1回瓶をゆする。砂糖が溶ければ完成!

それではなるべく涼しい場所でごゆっくり・・・。

涼しい場所なんてムリ!という場合は冷蔵庫へ。

ちなみにわが家は出来上がりまで1か月程度冷蔵庫には入れませんでした。

梅シロップ 4日後
4日後

1日1回揺すります。

梅シロップ17日後
17日後

きび砂糖は溶けているようですが、下のグラニュー糖はかなり残っています。

しわしわの青梅もあるけど、まだプクプクしているのも。

1週間で飲めるということなので、飲んでもいいのでしょうが、

せっかくならもっとエキスを絞り出したいですね。

梅シロップ
29日後・・・完成!

グラニュー糖が瓶の底にうっすら残り、プクプク梅もちらほらいますが、もういいでしょう。

ほとんどの青梅が梅干しのようにしわしわで小さくなりました。

もう少し青梅がしぼみそうか様子を見て、シロップだけを瓶に移して冷蔵庫に入れようと思います。

参考にしたレシピ

いつも利用している生協の宅配「パルシステム」のレシピを参考にしています。

パルシステムのレシピサイト「だいどこログ」

おすすめの梅シロップソーダ割り

梅シロップ
梅シロップを炭酸で割った梅ジュース

炭酸水で4倍くらいに割っていただきます。

深みがあっておいしい!

きび砂糖を使ったので茶色くなりましたが、

ソーダで割ったときのツートンカラーもおしゃれです。

2019年│梅シロップづくり反省会

それではおさらいです。

  1. 青梅はよく洗って水けをしっかり拭き取り、竹串などでへた(なり口)を取る。
  2. 1をポリ袋などに入れ、口をしっかり結び、冷凍室で一晩凍らせる。
  3. 消毒した保存瓶(下記参照)に2の青梅と砂糖を交互に重ねて入れ、なるべく涼しいところに置く。
  4. 砂糖が溶けるまでは1日1回瓶をゆする。砂糖が溶ければ完成(梅がシワシワになるくらいがおすすめ)

やっぱり今年も作って良かったな(^^)

2020年追記:セラーメイトの保存瓶を購入しました

セラーメイト保存瓶3L(梅シロップ用)
セラーメイトの保存瓶3L

シンプルな構造で耐久性も良いそうです。

別売りのパッキンも用意されています。
見た目にもオシャレ。

耐熱ガラスではありませんが、水の中に瓶を入れて徐々に沸かすことで熱湯消毒もできます(大きすぎるのでやりませんが)。

2020年はセラーメイトの保存瓶で梅シロップ作ります。


ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。