レシピ

フライパンでつくる黄金比のブリの照り焼き

ブリの照り焼き

フライパンでつくるブリの照り焼きです。

身はふっくら、たれトロリに仕上げる黄金比レシピを見つけました。

魚料理はあまり得意ではありませんが、レシピを見ながらトライ。

おいしくできました。




フライパンでつくる黄金比のブリの照り焼き

材料 2人分

  • ブリ 2切れ(100g×2)
  • 塩      小さじ1
  • 小麦粉      適量
  • サラダ油  大さじ1/2

黄金比のタレ

  • しょうゆ  大さじ2
  • 酒     大さじ2
  • みりん   大さじ2
  • さとう   大さじ1

 

作り方

  1. ブリの両面に塩小さじ1をふって30分おき、水で洗い流したあと水気を拭く
  2. タレの調味料を合わせておく。
  3. 1のブリに小麦粉を全体に薄く振る。
  4. フライパンにサラダ油を熱してブリを入れ、中火でこんがりと焼く。
  5. ペーパータオルで余分な油を拭き、2のたれを加える。
  6. 少し火を強めて煮詰め、気泡が大きくなったらフライパンを傾けて、照りをつけて両面にからめる。

 

参考にしているのはこちら

>>>みんなの今日の料理 野崎洋光さんのブリの照り焼き

フライパンでブリの照り焼きをつくってみよう!

1.ブリの両面に小さじ1をふって30分おき、水で洗い流したあと水気を拭く。

塩をふることで魚に「味の道」をつけます。生臭みや余分な水けが出て、魚のうまみが凝縮し、タレの味ものりやすくなるります。

 

2.タレの調味料を合わせておく。

しょうゆ:酒:みりん:砂糖=2:2:2:1 の割合が基本タレの黄金比。

 

↑ 豚肉のしょうが焼きなどにも応用できます。

同じタレで作れるこの他のレシピ>>>豆腐ステーキの甘辛ダレ

 

3.1のブリに小麦粉を全体に薄く振る。

小麦粉をまぶしておくことで、たれに適度な濃度が付きます。

ダイソー小麦粉入れこれ便利ですよ。ダイソーで購入。
ダイソー 小麦粉入れ網目から粉が出てきます。

関連記事>>>ダイソーで見つけたキッチンで使えるちょっといいもの

 

4.フライパンにサラダ油を熱してブリを入れ、中火でこんがりと焼く。

まだ中まで火が通っていなくても大丈夫。おいしそうな焼き目をしっかりつけます。

ブリの照り焼きこんがり焼きます。

5.ペーパータオルで余分な油を拭き、2のタレを加える。

酒とみりんはアルコール分の効果で、煮詰まるのが早いのですが、黄金比はたれの煮詰まりを待って焼きすぎてしまうことがありません。

 

6.少し火を強めて煮詰め、気泡が大きくなったらフライパンを傾けて、照りをつけて両面にからめる。

ブリの照り焼きタレはかなりたっぷり。泡が大きくなってきました。

ここからは一気に。魚を泳がせるようにして、タレをからめて仕上げます。

冷めるとタレが固くなるのであまり煮詰めすぎず、少しゆるいくらいで火をとめるといいと思います。

 

※菜箸でひっくり変えそうとしたら身が少し崩れてしまいました。

フライ返しを使うとたっぷりのタレが飛び散りそう。

タレをスプーンですくってかけるよかったかも・・・。

 

※取り出すときはフライ返しと菜箸を両方使うとスムーズです。




フライパンでブリの照り焼きをおいしく作る2つのポイント

ブリの照り焼き
① ブリの両面に小さじ1をふって30分おき、水で洗い流したあと水気を拭く

 

下処理で臭みを取ることは大切ですね。

ちょっと厚めの切り身でしたが、ブリの臭みもなく、おいしく作れました。

 

② しょうゆ:酒:みりん:砂糖=2:2:2:1 の割合が基本タレの黄金比

 

濃厚でしっかりしたタレでした。

肉料理にも応用できるので、覚えておくとよさそうです。

 

本来なら網やグリルを使い、刷毛で丁寧にタレを塗って仕上げるブリの照り焼き。

下処理の時間さえしっかりかければフライパンで簡単にできます。

おためしください(^^)

 

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。