マネー

金持ち父さん貧乏父さん ロバート・キヨサキ 読書の覚え書き

金持ち父さん貧乏父さん

2000年に出版されたこ『金持ち父さん貧乏父さん』(ロバート・ヨサキ)

言わずと知れた王道の書。

 私には二人の父親がいる。金持ちの父と貧乏な父だ。一方の父は高い教育を受け、知的レベルも高かった。四年制大学を二年で卒業し博士号を取得、そのあともさらに高度な教育を受けるためにスタンフォード、シカゴ、ノースウェスタンと三つの大学をはしごした。どの大学でも成績優秀だったため、授業料はすべて奨学金からまかなうことができたそうだ。一方、もう一人の父は、ハイスクールすら卒業していない。

二人の父はどちらも生涯を通じてよく働いた。二人とも仕事はうまくいっていて収入もけっこう多かった。それなのに、一方の父は死ぬまでお金に苦労した。そして、もう一方の父はハワイで最も裕福な人間の一人になった。一方の父は家族への遺産だけでなく、慈善事業や教会の活動にも何千ドルという金を遺した。もう一人の父が残したのは未払いの請求書だけだった。

こんな書き出しで始まるこの本から、学んだこと、印象に残ったことを記しました。

資本主義社会で生きていく上で知っておくべき大切なことが、丁寧に書かれています。

親切でわかりやすい日本語に翻訳されているので、とても読みやすいです。

中高生くらいなら読める内容ですので、まだお読みでない方は人生のなるべく早いうち(今!)に読まれることをおすすめします。

なばな
なばな
分厚いけど、思ったより読みやすかったよ

第1の教え 金持ちはお金のためには働かない

中流以下の人間はお金のために働く

金持ちは自分のためにお金を働かせる

ではどうやって自分のためにお金を働かせるのか? それを一生かけて学び続けよというのが、この本のメッセージ。

感情に対してただ反応する人間ではなく、それを観察して考える人間になることを覚えておくんだ。たいていの人は自分の行動や思考を支配しているのが感情ということに気付いていない。感情は感情として持っていていい。だが、それとは別に頭で考える方法を学ばなくちゃいけないんだ。

自分の損になるのではなく、得になるように感情を利用するんだ。(中略)恐怖と欲望をコントロールする方法を学ばずに金持ちになったとしても、それはただ金をたくさんもらえる奴隷になっただけ

なばな
なばな
ここで「感情」とか出てくるのかー

貧乏や金詰りの一番の原因は国の経済や政府、金持ち連中のせいなんかでなく、恐怖と無知だ。

恐怖と欲望を大きくするのは無知だ。


第2の教え お金の流れの読み方を学ぶ

金持ちになりたければお金について勉強しなければならない。

資産と負債の違い

資産は私のポケットにお金を入れてくれる

負債は私のポケットからお金をとっていく

なばな
なばな
自分が住むお家は資産じゃないのね

一番大切なことは資産と負債の違いを知ることだ。

第3の教え 自分のビジネスを持つ

経済的な安定を確保しようとするなら、自分のビジネスを持つことが必要だ。(中略)自分のビジネスは「収入」でなく、「資産」を中心に展開する。

本当の資産とは何か?
  1. 自分がその場にいなくても収入を生み出せるビジネス
  2. 債券
  3. 投資信託
  4. 収入を生む不動産
  5. 手形、借用書
  6. 音楽、書籍などの著作権、特許権
  7. その他価値のあるもの、収入を生み出すもの、市場価値のある物品など。
なばな
なばな
昨年挑戦したFP3級は 上の表にでてくるようなお金の用語とかも勉強できてよかったよ
FP3テキスト
アラフィフ主婦がファイナンシャルプランナー3級に独学で一発合格した話金融も不動産もまったく素人の主婦です。 このブログを始める1か月前の2019年1月、FP3級を受験して無事合格できました。 ...

第4の教え 会社を作って節税する

会社は金持ちを守るものなのだ。

会社の場合、支出の一部は経費として、税を払う前の収入から差し引くことができる。

「知識は力だ」

法律を知ることと、システムがどのように働くか、その仕組みを知る必要がある。

「賢くなれば、それほど人生につつきまわされなくなる。」

ファイナンシャル・インテリジェンスを形作る4つの柱
  • 会計力(ファイナンシャル・リテラシー):貸借対照表損益計算書を読んで理解できる能力。左脳の働き。細かいところにきを配る能力。
  • 投資力:「お金がお金を作る科学」。右脳の働き。創造的な能力。
  • 市場の理解力:市場の人為的な側面を知る必要と、投資に関する経済的感覚(センス)。
  • 法律力:会計、投資、市場に関する専門知識のまわりを「会社」という殻で包むと、資産を大幅に増やすのに役立つ。
なばな
なばな

ムムム

ちょっとむずかしくなってきた・・・

お金の流れ方

会社を持っているお金持ちの場合
  1. 稼ぐ
  2. お金を使う
  3. 税金を払う
会社のために働いている人の場合
  1. 稼ぐ
  2. 税金を払う
  3. お金を使う

第5の教え 金持ちはお金を作り出す

より多くの選択肢を持つこと、それがファイナンシャル・インテリジェンスだ。(中略)お金に関する問題を解決する際にどれくらい創造力を発揮できるか、それがファイナンシャル・インテリジェンスなのだ。

「株や不動産そのほかのマーケットに投資するよりも、まずお金に関する知識を習得するために投資しなさい」

あなたにとって最大の財産は、あなたの知識、「知っていること」だ。反対に最大のリスクは「知らないでいること」だ。

なばな
なばな

知らないから不安になるってあるよねー

勉強しよっっ

第6の教え お金のためにでなく、学ぶために働く

ファイナンシャル・インテリジェンスは会計、投資、市場、法律という4つの分野の相互作用から生まれる。この4つを組み合わせれば、お金でお金を作ることが簡単にできるようになる。

学校や仕事の現場では「専門化」という考え方が一般に浸透している。(中略)金持ち父さんが私にやれと言ったのは、それとはまったく反対のことだった。「広く浅く知る」というのが金持ち父さんのアドバイスだった。

セールスとマーケティングの能力ほど重要な技術はないと思う。

本当の金持ちになるためには、「もらう」だけでなく、「与える」こともできなければならない。

読書のまとめ

『金持ち父さん貧乏父さん』読書のまとめ
  • お金のために働くのではなく、自分のためにお金を働かせることを学び続けよう。
  • 感情に対してただ反応するのでなく、それを観察して考えられるようになろう。
  • お金について勉強しよう。知識は力なり。
  • 資産と負債の違いを知ろう。
  • 自分のビジネスを持とう
  • 会社を持つお金持ちのお金の流れは、稼ぐ→使う→税金を払う
  • 知識がお金を儲けさせてくれる。無知はお金を失わせる。
  • ファイナンシャル・インテリジェンスを高めてお金でお金を作ろう。
  • もらうだけでなく、与えよう。

いろんな人がいろんなところで書評などを出しているので、何となく知っているような気でいましたが、改めて読むのは初めてでした。

もっと早く読んでいればとも思いました。

わたしたちは資本主義の国に育ちながら、成長期にお金についてはほとんど学ぶ機会もありません。

それどころか、お金について考えたり口にしたりするのはよくないという空気(この本では貧乏父さんの家庭)の中で育った人も多いのではないかと思います。

私自身もその一人と思っています。

お金ですべては解決できませんが、お金によって得られる幸福はたくさんあります。

遅ればせながらですが、学んでいこうと思います。

なばな
なばな
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
ABOUT ME
なばな
なばな
夫と二人暮らしの主婦。主に台所に生息。 お金の知力をつけたくて、簿記3級受験に向けて絶賛独学中。