レシピ

じゃがいもと玉ねぎの仙台麩煮

じゃがいもと玉ねぎの仙台麩煮

2019.7.11 更新いたしました

じゃがいもと玉ねぎの仙台麩煮

じゃがいも玉ねぎ仙台麩(油麩)といっしょにめんつゆで煮てみました。

ちょっと地味ですがじんわり美味しい。

コクとボリュームのある仙台麩はカサ増しにもピッタリ(*´ω`*)

じゃがいもと玉ねぎの仙台麩煮の作り方の手順

材料

  • じゃがいも
  • 玉ねぎ
  • 仙台麩(油麩)
  • めんつゆ

 

作り方

  1. 仙台麩は2cmの厚さに切り、ぬるま湯で5~10分くらい戻す(下記参照)
  2. 玉ねぎはざく切りに。じゃがいもは太めの拍子木切りにして水にさらす(細いとすぐ崩れる)。
  3. 卵はかるく溶いておく。
  4. めんつゆは「煮物用」の用途に薄めておく。
  5. 4のめんつゆを煮立てたところに2の玉ねぎ、じゃがいもを入れて火を通す。
  6. 火が通ったら1の戻した仙台麩の水気を絞り、を加えてさらに煮る
  7. 溶き卵を加えてさっととじてフタをし、30秒くらい蒸らす。

仙台麩を使ってみよう!

仙台麩仙台麩(油麩)
仙台麩

パン切包丁でまとめて切って保存しています。

けっこうポロポロします(^^;

スライスされたものも売ってますが、ちょっと割高かな。

 

仙台麩

仙台麩はたっぷり煮汁がある料理なら戻さなくてもいいそうですが、

戻しておいたほうが失敗はないと思います。

 

仙台麩

ギュッと絞るとこんな感じ(手がベタベタになるけど・・・)

これを煮汁にとぽん!

仙台麩(油麩)とは

仙台麸は、小麦粉とタンパク質(グルテン)を原料として練り合わせ、植物油で揚げたもの。

宮城県北部と岩手県南部で古くから親しまれているそうです。

スーパーの乾物売り場に並んでいます。

 

揚げたお麩と思っていいと思いますが、おすましの中の可愛らしいお麩とは

ずいぶん違う印象です。

ナスの仙台麩煮ナスの仙台麩煮

仙台麩を初めて食べたのは7~8年前。たまたま通りかかった食材店で試食販売していました。

煮物のいい匂いにつられて試食すると、なんて美味しいんだろう!とびっくり。

 

初めて食べるのにどこか懐かしい味。

今では乾物入れに常備するようにしています。

 

肉じゃがに入れるのもコク増しとボリュームアップにおすすめです。

うどんや卵とじもいいですね(^^)

 

仙台麩は日持ちがするものですが、油が酸化すると味も風味も落ちてしまいます。

とくに暑い時期などは保存に気を付けて、買ってきたら早いうちにいただいた方がいいと思います(^^)

 


ちなみにめんつゆはこちらの3倍濃縮タイプを使っています。

パルシステム めんつゆパルシステム(生協)べんりつゆ 900ml

ふたり暮らしなのにこのサイズ(^^;

ガンガン使ってます。

 

めんつゆを使った他のおすすめメニューはこちら↓

めんつゆとケチャップでつくる簡単甘酢あん

 

 

ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。