料理・レシピ

鶏むね肉をやわらかく ブライン液vs.酒と酢

鶏むね肉みりん醤油焼き

先日ブライン液に漬け込んだ鶏むね肉があったので、何かにして食べなきゃと思っていました。

漬け込むとつい安心していまいます。

そんなときに「あさイチ」で次なる鶏むね肉柔らか術が紹介されていたのでフムフム・・・。

 

「あさイチ」 4月15日(月) 鶏むね肉のしょうが焼き 山脇りこさん(料理研究家)

簡単におさらいすると、

鶏むね肉を柔らかくする方法

鶏むね肉1枚に対して

酒・・・大さじ1

酢・・・小さじ2

に漬け込む

 

酒:酢 が 3:2 ということですね。

この日紹介されたのは

1cmのそぎ切りにした鶏むね肉に片栗粉をまぶしてフライパンで焼き、生姜醤油を絡める

というシンプルなレシピですが、ポイントは以下の通り。

  • 肉の繊維を断つように暑さ1cmのそぎ切りにする
  • 酒と酢に20分以上漬ける
  • 片栗粉はざっくりまぶす
  • フライパンに油を敷き、肉を並べてから火にかける
  • 火をいれすぎないようにして焼き色は付けない

一晩とか長時間漬け込むなら、おそらく鶏むね肉を切らずにそのまま漬けて

いいんじゃないかなと思います。

 

こちらを参考にブライン液(水100cc  塩5g  砂糖5g)に漬け込んだ鶏むね肉を、焼いてみました。

ただ鉄のフライパンしか持っていないので、そこだけは余熱してから弱めの火加減にしています。

 

味付けはみりん醤油。

 

しっとりとしていい感じにできました♡

ただし味が塩辛すぎ。しょっぱい(+_+)

 

ブライン液は塩が入るのでかなり下味効果があるのですね。

その上にみりん醤油は強すぎた(;´Д`)

下味をしっかり付けたいときにはブライン液がいいかもしれません。

 

鶏むね肉みりん醤油焼き

そうでなく、みりん醤油や生姜醤油のように表面にしっかり味が絡むときは

酒と酢の方がいいかもしれません。

減塩にもいいかもね。

 

次回は酒と酢でトライです。

 

ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。