レシピ

調味料はめんつゆだけ!味しみこんにゃくの作りおき

こんにゃくのめんつゆ煮

2019.10.17更新

味付けは3倍濃縮めんつゆをそのまま入れるだけ!

めんつゆの分量も覚えやすく、考えずに作れる味しみこんにゃく

作りおきでお弁当のスキマ対策にも重宝します。

3倍濃縮めんつゆで作る味しみこんにゃくの作り方の手順

今回は『アク抜き不要のこんにゃく』を使っています。

材料

  • こんにゃく(ここでは板こんにゃくですが、玉こんにゃく、結びこんにゃくなど何でも)
  • 3倍濃縮めんつゆ こんにゃくの重量の10%

(2倍濃縮の場合はこんにゃく重量の15%)

  • 好みで鷹の爪(輪切り赤唐辛子)少々こんにゃくのイラスト(おでん)
  • あれば削り節少々

作り方

  1. 板こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる。
  2. こんにゃくをさっとゆで上げる。
  3. 鍋でこんにゃくをカラ煎りする。
  4. 鍋にめんつゆと鷹の爪を入れて汁気がなくなるまで煮る。
  5. 仕上げに削り節をまぶす。

めんつゆを使ったその他のおすすめレシピ↓

素揚げ夏野菜のめんつゆ漬け
夏野菜の作り置き!揚げ野菜のめんつゆ漬け野菜をどんどん素揚げにしてめんつゆに漬けるだけ。 口当たりもよくて食欲のないときでもお箸がすすみます。 作り置きできるので、...

味しみこんにゃくを実際に作ってみよう!

今回350gのこんにゃくを使っているので、3倍濃縮めんつゆは35㏄(大さじ2と小さじ1)

先に鍋に湯を沸かしておく

1.板こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる。

こうすると形がいびつになり表面積が増すので、味がしみやすい。

こんにゃく

格子状に浅く切り込みを入れて(写真はちょっと深すぎました)ちぎってもいいと思います。

めんどうでなければその前に、裏表に細かく網目状に浅く切り込みを入れると、さらに表面積が増すので、味が染みやすく、またお箸でつまみやすくなります。

こんにゃく

2.こんにゃくをさっとゆで上げる(アク抜き)。

こんにゃくのめんつゆ煮

これはアク抜きの行程ですが、『アク抜き不要のこんにゃく』でも一度ゆで上げた方が

調味料が入りやすいようです。

こんにゃくのめんつゆ煮

湯が再び煮立ったらこんにゃくをザルに取る。

3.鍋でこんにゃくをカラ煎りする。

こんにゃくのめんつゆ煮

鍋をさっと洗い、再びこんにゃくを入れてカラ煎りする。

ここでしっかり水分を飛ばすと、調味料が入りやすい。

4.鍋にめんつゆと鷹の爪を入れて汁気がなくなるまで煮る。

こんにゃくのめんつゆ煮

じっくり煮る必要はないので、中火でジャジャッと。

5.仕上げに削り節をまぶす。

こんにゃくのめんつゆ煮

お好みでどうぞ。

容器に移してからでも構いません。

こちらもおすすめ

https://nabanablog.com/kantan-tukurioki-shirataki-mentuyuni/

こんにゃくに味をしっかり付けるポイント

以前、NHKの『ガッテン!』でこんにゃくの特集を見ました。

それによるとこんにゃくに味をしみ込ませるポイントは、意外にも煮込み時間ではなく「こんにゃくの水分をしっかり抜くこと」だそうです。

ガッテン! 世界が注目!”こんにゃく”パワー 2017.9.20 放送

ですので、カラ煎りはしっかりと!

糸こんにゃくのイラスト

こんにゃくには『アク抜き不要のこんにゃく』と昔ながらの

『アク抜きが必要なこんにゃく』があります。

今回使ったこんにゃく『アク抜き不要』タイプです。

一度、同じ『アク抜き不要こんにゃく』で下ゆでなしで作ったのですが、

カラ煎りをしたのにめんつゆを入れるとこんにゃくの水分が引き出されてしまい、

煮るのに時間がかかってしまいました。

いったん、ゆで上げた方が、かえってこんにゃくの余計な水分が抜けるらしく

味噌田楽のイラスト

煮る時間が短時間で済んだので、こちらの方法をご紹介しています。

煮るのに少し時間がかかるかもしれませんが『アク抜き不要こんにゃく』でしたら

下ゆでなしでもできます。どちらでもやりやすい方法でどうぞ。

ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。