キッチンツール

愛用歴20年!熱効率抜群『ビタクラフトウルトラ』ステンレス多層鍋をレビュー

ビタクラフトウルトラ

十得鍋、クリステルと続いて、愛用のお鍋シリーズ第三弾です。

実は一番長いお付き合いなのがビタクラフト。

アメリカ製のビタクラフトにはいろんなシリーズが出ていますが、私が使っているのはビタクラフトウルトラ。

ステンレス多層鍋の中でも全面超多層構造の何と9層!

片手鍋とフライパンと持っていますが、片手鍋は20年以上になります。

ビタクラフトお好み焼きビタクラフトウルトラ9411(フライパン)

ビタクラフトって?

ビタクラフト社は1939年、アメリカカンザスシティに世界最高峰の鍋を作るために設立され、各種の多層構造鍋を開発しています。

ビタミンやミネラルといった食材本来の持つ美味しさと栄養素を逃さない調理法にこだわって開発、製造されています。

数あるステンレス多層鍋の中でも歴史が古い方かと思います。

30年使っているという方もあるそうです。

ビタクラフト公式ページを見る

代表的なビタクラフトのシリーズと特徴

ものすごくたくさんのシリーズがありますが、一番ベーシックなシリーズが、ステンレス多層鍋6層構造の『ヘキサプライ』、さらに熱効率の優れたシリーズが9層の『ウルトラ』です。

私が使っているものは2個ともこの『ウルトラ』になります。ハンドル(取っ手)が外れるタイプです。

最近『ウルトラ』がリニューアルされた『ウルトラカパー』というシリーズが出ていますが、まだ取り扱い店舗が少なく、代わりに従来の『ウルトラ』がセール価格になっているようです。

ビタクラフトステンレス多層鍋の主なシリーズ
シリーズ ハンドル 鍋の構造 価格(☆が多い方が高価)
ヘキサプライ 取れない 全面6層
ウルトラ 取れる 全面9層
ウルトラカパー 取れる 全面9層

※上の3種すべてのシリーズがオール熱源対応です。

※ウルトラカパーは9層の中に熱効率に非常にすぐれた銅が使われています。

多分・・・なのですが、よく料理番組でビタクラフトらしき鍋を使っているのを見ることがあります。熱効率がいいから?料理家さんが使い慣れているから??

ビタクラフトウルトラの外観

ビタクラフトウルトラ

写真上:ビタクラフトウルトラ9202 片手鍋1.9L(20年以上使用)

写真下:ビタクラフトウルトラ9411 フライパン27cm(5~6年使用)

ビタクラフトウルトラビタクラフトウルトラ9202 片手鍋1.9L
ビタクラフトウルトラビタクラフトウルトラ9411 フライパン27cm

今この形でこのサイズが出ていないようなので、参考までにサイズ違いのものをご紹介します。

ちなみに「フライパン」という名称ですが広くて浅い形なので「フライパン」なのであって、片手鍋と構造は同じです。

ビタクラフトステンレス多層鍋の主な特徴をざっくり解説

公式ページなどで詳しく解説されていますが、上記3種(『ヘキサプライ』『ウルトラ』『ウルトラカパー』)に共通するビタクラフトの特徴を簡単に解説します。

  • オール熱源対応
  • 全面多層構造(鍋の底、側面ともに超多層)
  • 無水・無油調理で素材の栄養素をキープできる(少量の水で野菜を茹でるなど)
  • コンロでのオーブン調理が可能(卓上IH調理器でブラウニーを焼いたことがあります)
  • 熱効率が抜群なので経済的
  • 丈夫で清潔に使える まさに一生モノ
  • 安心の10年保証

cookpadでもビタクラフトのレシピ集が掲載されています。

cookpadビタクラフトのキッチンを見る

私が使って思うビタクラフトウルトラのいいところ

熱効率が良く極弱火で調理ができる

ビタクラフトを使うようになったのは、デパートの催事でビタクラフトを知って、いたく感銘を受けた母からプレゼントされたのがきっかけです(そんな高い鍋!?とちょっと驚きましたが)。

そういえば忘れていましたが、最初にこの鍋を使ったころは一人暮らしのワンルームアパート住まい。コンロも電気の1口コンロでした。

電気コンロです。IHとかじゃないですよ。火力が弱くやかんでお湯を沸かすのさえずいぶん時間がかかった覚えがあります。

それに近い写真を見つけたので・・・。

電気コンロこんな感じのところで(グルグルじゃないけど)・・・
ビタクラフトウルトラこのお鍋を使っていました

私が使っていたのはこういうグルグルではなくてプレート状のものでしたが、おそらく同じようなものかと思います。

普通のフライパンで炒め物などしようものなら、炒めているのか煮ているのかわからないような状況だった覚えがあります。

あの環境で料理らしい料理ができたのは、ひとえにビタクラフトのおかげだったと言えるのかもしれません。

オール熱源対応

このアパートに暮らしていたとき、後に卓上の電磁調理器(IH)を購入しました。

火力が期待できるので、かなり便利になりました。

ビタクラフトウルトラはIHでも使えるので引き続き活躍してくれました。

ちなみに今の住まいはガスコンロです。

ビタクラフトウルトラこちらは5~6年前に購入

耐久性は抜群!

ステンレス本体はもちろん、お鍋のツマミやハンドルなどと樹脂部分も丈夫ですね。

一度もパーツ修理や交換などしたことはありませんが、まったく衰えを感じません。

見た目にもピカピカとまではいいませんが、ステンレスなので汚れも落としやすく清潔に使えます。

ハンドルに安定感がある

脱着可能ハンドル付きのステンレス多層鍋を3種持っているのですが、ハンドルの安定感はビタクラフトがダントツだと思います。

ガッチャン!とはっきりした手ごたえがあり、しっかり取り付けないと鍋も持ち上がらないので、うっかり中途半端な取り付けになることはまずなさそうです。

フタに重みがあり、気密性が高い

また鍋のフタに適度に重みがあるので、蒸気が出ても簡単に持ち上がらず、持ちあがるとカタカタプスプスいうので、「あ、火が強すぎるのね」とさらに弱火にします。

熱や水分をしっかり封じ込めて調理できるので、栄養素が流れ出るのを最小限にしながら光熱費も抑えてくれます。

ビタクラフトの本体とフタはぴったりと合うようにつくられているので、加熱すると水蒸気の膜ができて熱や水分を逃がしにくくなります(ベイパーシール効果)。

これによって無油・無水調理ができるのがそもそものビタクラフトの特徴でもあります。

火を消してからふたをかぶせたままにしておくと、お鍋の中の気圧が下がりフタが本体に吸い付いてしまいます。

ムリに取ろうとせずに少し火にかければ簡単に外れます。

<<ガスコンロでのじっくり煮は工夫が必要?>>

煮込み料理などでガスコンロで極限まで火加減を絞ろうとすると、立ち消えするのが心配だったりするのがするのがちょっと悩みだったりもします(最新式のコンロは違うのかな?)

少し火を強めるとこんどはフタがカタカタプスプスいってしぶきを上げてしまうので、あえて少しフタをずらして蒸気を逃がしたりしています。

IHなどで安心して極限まで火力を絞れる熱源なら心配ないかと思います。

それだけ熱効率がよく気密性が高いとも言えますね。

ビタクラフト初心者さんが気を付けたいこと

焼き物調理は余熱大事!

これはビタクラフトに限らず多くのステンレス多層鍋で言えることなのですが、「焼き物」調理をするときはしっかり余熱をするのが必須です。

余熱が足りないと特に肉を焼いたりすると鍋にくっつき、それを剥がそうとしてボロボロになってしまうというのは、ビタクラフト初心者あるあるだと思います。

ビタクラフトステンレス多層鍋の余熱の方法

ビタクラフトを中火で十分に熱し(約2分!)水滴を落として転がるようになったらOK。

ここで具材を入れて火を弱めます。

ビタクラフト 水滴

水滴を落としてジュッというくらいならまだまだ。

しっかり余熱できると水滴が玉になってコロコロ転がります。

素材に油が含まれているような肉類などは、油を引かずに焼くことができますが、焼いてすぐだと鍋底にくっついていたりします。

しばらくそのまま焼いてこんがりしてくるとスルッと剥がれて裏返せるようになります。

フタをして蒸し焼き状態にすると、さらにうまくいきます。

(私は無油調理にこだわってはいないので、最初から少量の油を引くことが多いです。)

テフロン加工など表面加工のフライパンは空焚き厳禁なので、表面加工の調理器具に慣れた方に最初はちょっと戸惑うかもしれません。

でも、一度慣れてしまえば一生モノです。

ビタクラフトウルトラのちょっと残念なところ

あえてデメリットをあげてみると・・・

重い・・・

そもそもアメリカンサイズだからでしょうか、小柄な日本女性にはちょっと重いですねぇ。

ただ、土鍋などを考えれば同じようなものかもしれません。

ビタクラフトウルトラビタクラフトウルトラ9202 片手鍋1.9L 本体
ビタクラフトウルトラビタクラフトウルトラ9202 片手鍋1.9L フタ
ビタクラフトウルトラビタクラフトウルトラ9411 フライパン27cm 本体
ビタクラフトウルトラビタクラフトウルトラ9411 フライパン27cm フタ

一生モノではありますが、高齢になると扱いが辛くなるかもしれませんね。

長く使うことを考えれば迷ったら片手鍋より両手鍋の方がいいのかもしれません。

価格が高い

気軽に買える値段とは言えません。しかし、その価値はあると言えます。

年々リニューアルされているので、少し前の型をセール価格で購入するのがおトクです。

ビタクラフトのステンレス多層鍋の使用で気を付けること

食洗器は使えません

樹脂加工部分や多層構造のアルミニウムが劣化する恐れがあります

強火は厳禁

そもそも必要ありません

わが家での最近の使用状況

ビタクラフトウルトラ9202 片手鍋

実は1年ほど前に新たに宮崎製作所の『十得鍋』を購入してからは、9202の片手鍋はあまり使わなくなってしまったんですよね。ここまで推しておいてナンですが・・・。

理由は2人暮らしになってからサイズ的にちょっと使い勝手が良くないことと重いこと。

キッチンにスペースがあればもっと使いたいところですが、あまりあちこちに道具を広げられないし、片付けも大変になるので、出す機会が少なくなってしまいました。

家族や住まいの状況によって使いやすい道具も変わってきますね。

でも、今回いろいろリサーチしてみたのを機会に、もっと使ってみようと思います。

宮崎製作所の 十得鍋
宮崎製作所の【十得鍋セット】口コミ!重ねて収納できるステンレス多層鍋│ハンドル動画あり 台所の住人、なばなです。 丈夫で機能的なステンレス多層鍋、種類もいろいろありますね。 機能的で扱いやすくて収納場所にも困ら...
クリステル鍋
【クリステル鍋】10年使い続けた機能性と収納美をレビュー 台所の住人、なばなです。 憧れのクリステルの鍋が欲しくて、当時一人暮らしだった私が小さなサイズを1つだけ購入したのはいつだったか...

ビタクラフトウルトラ9411 フライパン

こちらも『十得鍋』購入以来、使うことが少なくなりましたが、ときどき揚げ物に使ったりします。

少ない油で揚げられるのはもちろん、ガスコンロなので熱のあたりが局所的になるにもかかわらず、お鍋の中の熱の通りが均一でムラがありません。

ビタクラフトからあげ少量の油で「揚げ焼き」でつくる唐揚げ
ビタクラフトお好み焼きガスコンロで作るお好み焼き

お好み焼き粉を使って少量の油を引いてつくりました。

熱ムラなく均一に焼けました。

ビタクラフトお好み焼き

大きいので4等分してから返しましたが、くっつくこともなくきれいに焼けました。

ビタクラフトウルトラのレビュー まとめ

ビタクラフトウルトラのおすすめポイント
  • とにかく熱効率がよいので火力の弱いキッチンでも使える 火の回りも均一
  • 丈夫さはピカイチ!20年たってもビクともしない
  • 適度なフタの重みで蒸気が逃げにくいので、最小限の水分で調理できる
  • もちろん熱源を選ばない
  • 脱着可能ハンドルは安定感は抜群
ビタクラフトウルトラの気を付けたいポイント

重い

高い

使い慣れないと肉がくっついたり失敗すかも

それでも私は十分元をとってきたかと思っています。

鍋を購入すると、おそらくレシピブックなどが付いてくるかと思いますので、ぜひ一読してください。

もし付いていなかった場合でも、公式ホームページで使い方のコツなど詳しく解説されています。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが、使いこなせば一生ものお鍋です。

ビタクラフト歴20年のなばなでした。

ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。