レシピ

焼肉のタレで味かキマる!ゴーヤとナスのひき肉炒め

ゴーヤとナスのひき肉炒め

焼肉のタレをベースに味付けしたゴーヤとナスのひき肉炒め

しっかり計量しなくても、テキトーでなんとかなるのが焼肉のタレのいいところ!

ちょっぴりピリ辛でごはんがすすみます。

切り落とし肉でもどうぞ。

焼肉のタレで作るゴーヤとナスのひき肉炒め

オイスターソースが焼肉のタレの甘さを引きしめてくれます。

材料 約2人分(おおよその分量です)

  • 下処理したゴーヤ(下記参照)  2/3本
  • ナス                       1本
  • 豚ひき肉         100~150g
  • 焼肉のタレ        大さじ2~3
  • オイスターソース    小さじ1~2
  • 紹興酒または酒       大さじ1
  • 豆板醬        小さじ1/2~1
  • サラダ油             適量

ちなみに今回使っている焼肉のタレは『エバラ黄金の味 中辛』です。

作り方

  1. ナスは半分に切り、さらに薄切りにして塩水(※)に5~10分ほどさらす。サッと水洗いして水気を拭く。
  2. 焼肉のタレとオイスターソースを合わせておく。
  3. 熱したフライパンにサラダ油をひき、ナスとゴーヤを炒め、しんなりしたら皿にとる。
  4. 同じフライパンにひき肉を炒め、肉の色が変わったら豆板醬を加えて軽く炒めて香りを出す。
  5. 4に3の炒め野菜を加えて軽く炒め、紹興酒、2の合わせダレの順に加えて炒め合わせる。

※ ナスを塩水につける理由

ナスを塩水につけて少ししんなりさせることで、ナスが油を吸いすぎるのを防ぎます。

舐めてしょっぱい程度の塩水で。

ゴーヤの下処理(苦みをとる)の方法

白ごはん.com冨田ただすけさんのレシピを参考にしています。

ゴーヤは縦半分に切ってスプーンで中の種を取り、薄切りにする(炒め物なら5㎜程度)。

ゴーヤ1本につき塩小さじ1/2、砂糖小さじ2をまぶして手で揉み、10分ほどおく。

ゴーヤ下処理ゴーヤの水分といっしょに苦みが抜ける

この方法だと塩だけで揉むより、少しまろやかな気がします。

日頃から塩分過剰になりやすいので、最近はこの方法で下処理しています。

参考にしたのはこちら 白ごはん.comゴーヤの苦みの取り方と下処理 / 下ごしらえ

https://www.sirogohan.com/recipe/go-ya/

下処理して残ったゴーヤのレシピ

大きなゴーヤだと一度に2人で1本食べきれません。

でも下処理はまるごと1本しておくので、翌日まで少し残ったりします。

そんなときのレシピがこちら。

ゴーヤと油揚げのポン酢和えゴーヤと油揚げのポン酢和え

下処理してあるので、和えるだけで簡単。

さっぱり食べられる一品です。

ゴーヤと油揚げのポン酢和え
ゴーヤと油揚げのあっさりポン酢あえゴーヤの下処理さえしてあれば、あとは油揚げを焼いて和えるだけ。 苦みの強いゴーヤの下処理は、白ごはん.comの冨田ただすけさんのレシピ...
ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。