キッチンツール

『クリステル』VS『十得鍋』徹底比較!両方を使いこむ主婦がおすすめのステンレス多層鍋をレビュー

クリステル 十得鍋

台所の住人、なばなです。

甲乙つけがたい『クリステル』と『十得鍋』を両方を使う自分の目線で比較してみました。

どちらにしようか迷っている方、参考にしてみてください。

わが家では『クリステル(グラフィット)』14cmと宮崎製作所の『十得鍋』セット(16,18,20cm)を毎日のようにフル活用しています。

ちなみにわが家は夫と二人暮らし、二口(ふたくち)ガスコンロを使用しています。

『クリステル(グラフィット)』
クリステル『クリステル』14cm
宮崎製作所『十得鍋』
十得鍋3サイズ重ねた『十得鍋』

憧れの『クリステル(グラフィット)』を最小の14cmのみ購入して使いこむこと10年程。もっと大きいサイズも欲しいなぁと調べていて、たまたま見つけたのが『クリステル』と同じく入れ子式に収納できるステンレス多層鍋の『十得鍋』。

悩みに悩んで『十得鍋』のセットを購入しました。

今では4つの鍋がフル回転です。

なお、『クリステル』には『グラフィット』と『Lエル』のシリーズがありますが、現在私が使用している『グラフィット』の情報を中心にお伝えします。

それぞれのお鍋についてさらに詳しく知りたい方はこちらをどうぞ 
クリステル鍋
【クリステル鍋】10年使い続けた機能性と収納美をレビュー台所の住人、なばなです。 憧れのクリステルの鍋が欲しくて、当時一人暮らしだった私が小さなサイズを1つだけ購入したのはいつだったか?...
宮崎製作所の 十得鍋
宮崎製作所の【十得鍋セット】口コミ!重ねて収納できるステンレス多層鍋│ハンドル動画あり台所の住人、なばなです。 丈夫で機能的なステンレス多層鍋、種類もいろいろありますね。 機能的で扱いやすくて収納場所にも困らない鍋を求...

『クリステル(グラフィット)』と『十得鍋』で異なる点

※主観によるところもあります。

『クリステル』 『十得鍋』
製造元 フランス 日本(新潟県燕市)
値段 高め 手頃
鍋本体の継ぎ目 あり なし
食洗器について 使える 使えなくはないがおすすめではない
ハンドルについて 洗える 洗えない
フタについて ・共通フタなし

各サイズのフタは重ねて収納できる

ひっくり返して置くと安定

3サイズ共通フタあり

・各サイズのフタは重ねて収納できない

・ひっくり返して置くには不安定

スタイル スタイリッシュ ぽってり愛らしい
アフターサービス 10年保証 無期限保証

製造元の違い~Made in FranceとMade in Japan

フランスらしいスタイリッシュなオシャレさを取るなら『クリステル』

メイドインジャパンの安心感を取るなら『十得鍋』。

『クリステル』はフランス製
フランス国旗

1986年発売

フランスのステンレス製品専業メーカーCristel社で作られています。

このデザイン、持ってるだけでで気分がアガりそう♡

人気の料理研究家さんもよく使ってますね。

『クリステル』を取り扱う『チェリーテラス』さんの公式サイト

『十得鍋』は日本製
日の丸

2000年より発売

新潟県燕市で生まれたメイドインジャパン。

古くから金属加工業が盛んな新潟県燕市。

宮崎製作所さんの作る調理器具は世界中のシェフに愛されているんですよ。

株式会社宮崎製作所(Miyoko)さんの公式サイト

値段の違い~コスパなら『十得鍋』

コスパ重視なら『十得鍋』一択です。

それぞれ代表的なセットと単品を比較してみました。

代表的なセットの値段の比較

販売店にもよりますが、『クリステル』は鍋2つと他の付属品あわせて5万円近くになります。『十得鍋』は鍋3つと付属品で2万円台(付属品は『クリステル』の方が多い)。

『クリステル・グラフィット』のスターターキット
  • グラフィット深鍋2個(16cm・20cm)
  • クッキングバスケット(深鍋20cm用)
  • クッキングプレート
  • ハンドル

※クッキングプレートはクッキングバスケットといっしょに蒸し物に使ったり、単独で落としぶたに使ったりします

宮崎製作所の

『十得鍋』セット

  • 鍋3個 (16cm・18cm・20cm)
  • 兼用蓋
  • ハンドル

18cm鍋(フタ共)単品での比較

同じ18cm鍋を単品でフタと共に購入した場合を比べてみました。

『クリステル(グラフィット)』はフタとセット売りですが、『十得鍋』はフタと本体は別売りになるのでそれぞれ単品で購入したと仮定しています。

『クリステル』は2万円台、『十得鍋』は6千円台に収まります。

安心して食洗器にかけるなら『クリステル』

『クリステル』は「どうぞお使いください」といった表現なのに対して、『十得鍋』は「使えなくはないがあまりお勧めしない」といったところでしょうか。

わが家はミニ食洗器で元々大きな鍋は入りませんので、『クリステル』14cmのみスペースがあれば食洗器にかけています。

『クリステル』

食器洗い機にかけることもできます

出典:チェリーテラス

『十得鍋』

基本的にご使用いただけますが、製品の寿命には影響が生じます。
プラスチック部分については、劣化を早める恐れがありますのでご注意ください。

出典:Miyaco宮崎製作所

『十得鍋』はハンドルがワンタッチ式にリニューアル

以前は取り付けに両手が必要だった『十得鍋』のハンドル。

2019年9月にリニューアルされてワンタッチで片手脱着できるようになりました。新旧両方をご紹介します。

この3つの中では安定感ではリニューアルされた『十得鍋』のハンドルが勝りますが、ちょっと作りが複雑なのと洗えないのが残念・・・。

作りがシンプルで普通に水洗いできるのは『クリステル』。

『クリステル』ハンドル

片手で取り付け

ハンドルの金属部が熱くなるので、加熱中は取り外すことが推奨されています。

クリステルフタを外すときにも使えます

『十得鍋』旧ハンドル

取り付けには両手が必要

※洗えません

ハンドルに直接火がかからないように使用するよう、注意書きがあります。

十得鍋旧ハンドルClose小さな突起で支えますが、思ったより安定

『十得鍋』新ハンドル

片手で取り付け

※洗えません

ハンドルに直接火がかからないように使用するよう、注意書きがあります。

十得鍋新ハンドル下顎(?)はシリコン製

どのハンドルもなるべく加熱中はハンドルは付けないようにしています。炒める工程では鍋が動いてしまうため、取り付けています。

『クリステル』のハンドル

スリムで片手で脱着可能
片側に別売りのグリップを付けることで、大きめの鍋も両手で安定して運べる
『十得鍋』のハンドル

リニューアルして安定感UP! 片手で脱着可能に
『十得鍋』のハンドルは残念ながら洗えません。汚れは洗わず拭き取ってください。

フタを置いて安定するのは『クリステル』

『十得鍋セット』の共通フタは確かに便利。ただアツアツの鍋ぶたをどこに置こうか一瞬ちょっと迷います(そういうグッズを探せばいいのでしょうが)。

各サイズごとのフタの比較

『十得鍋』の各サイズのフタは別売りになります(私もまだ持っていません)

『十得鍋』フタ・・・収納はかさばりそう。 ちょい置きがしにくそう。

『クリステル』・・・収納時に重ねられる。 ひっくり返せばちょい置きも安定。

『クリステル』のフタ
クリステル クリステル
クリステルふた出典:チェリーテラス フタを重ねると右のように

ひっくり返しても安定するので、トレイのようにも使える。オール金属。

『十得鍋セット』の共通フタ
十得鍋16,18,20cmの鍋に共通で使えます。ひっくり返して置くと不安定。ツマミは樹脂製。
十得鍋
十得鍋 18cmフタ出典:宮崎製作所 18cmフタ単品 多数のフタを重ねるのは難しそう

共通フタというのがあるもの『十得鍋』の特徴。サイズにあったフタもそろそろ一つくらい欲しいな。

ただ、フタがたくさんあると収納はかさばりそうです。

『十得鍋』には継ぎ目がない!

『十得鍋』の継ぎ目のなさはオドロキです!汚れが溜まることなく清潔に使えますね。

『クリステル』
クリステル鍋底、取っ手に継ぎ目があります。

私には気にならない範囲ですが、気になる人には気になるかな?

多少の汚れは付きますが、私は気になったことはありません。

『十得鍋』
十得鍋

これは珍しいです。どこにも汚れが溜まりようがない。

オシャレなのはやっぱり『クリステル』でしょ

これには好みもありますが・・・

『クリステル』はスタイリッシュで都会的、『十得鍋』はぽってりと愛らしく庶民的な雰囲気かな。

『クリステル』
クリステル出典:チェリーテラス
『十得鍋』
十得鍋出典:宮崎製作所

重さはあまり変わらない

個人的な使用感ではあまり大きな違いはないように思います。

数字で比べても大きく変わらない印象です。

公式サイトを調べると、『クリステル(グラフィット)』は本体とフタ込みの重量の表記のみ掲載されていました。

条件を同じにするため、各サイズの『十得鍋』の本体とフタを合わせた重量とを比較してみました。

『クリステル(グラフィット)』フタ込み
容量 重量
16cm 1.6L 930g
18cm 2.1L 1,200g
20cm 3.0L 1,330g

チェリーテラス公式サイトより

『十得鍋』各サイズのフタを合わせた場合
容量 重量
16cm 1.6L 930g

(本体610g+フタ320g)

18cm 2.3L 1,170g

(本体790g+フタ380g)

20cm 3.1L 1,400g

(本体950g+フタ450g)

共通フタ 460g

宮崎製作所公式サイトより

『クリステル(グラフィット)』と『十得鍋』の共通点

熱効率に優れたステンレス多層鍋

どちらも非常に熱伝導に優れた3層構造。熱伝導の良いアルミを芯にして保温性の良いステンレスで挟まれています。

その構造は正確に言うと少し違いますが、使い勝手としてはどちらもあまり変わらないように思います。

『クリステル』
  • 鍋底のみ3層構造 「ステンレス~アルミニウム~ステンレス」
  • 側面はステンレス
『十得鍋』
  • 全面3層構造 「ステンレス~アルミニウム~ステンレス」

耐久性に優れた一生モノ

わが家では『クリステル』は約10年、『十得鍋』はまだ1年の使用ですが、どちらも不具合はありません。

『十得鍋』は2019年9月より10年保証から期限なしの無期限保証に変更されました。

『クリステル』も保証期間が過ぎた製品でも、可能であれば既定の料金で調整してもらえます。

『クリステル』

鍋、ステンレス製フタは10年保証

『十得鍋』

鍋本体、フタは保証期間なしの無期限アフターケア

無水・無油・余熱調理・弱火調理ができる

以下の特徴は『クリステル』も『十得鍋』も共通しています。

これに関してはあまり大きな違いは感じません。

少量の水、少量の油で調理できる

保温性が高くて余熱で調理できる

通常より弱い火力で調理できる

『クリステル』『十得鍋』使い方の共通ポイント

焼く、炒めるといった調理には中火で予熱をしっかりするのがポイントです。

水滴を落とすと小さな玉になってコロコロ走り回るくらいになればOK

オール熱源対応

  • ガス IH  電気コンロ、オーブン調理も可能(ハンドル、樹脂部分は不可)
  • オーブンでケーキ型としても利用できる

※電子レンジは不可

強火はNG!

『クリステル』も『十得鍋』も熱伝導に優れているので、炎が鍋の側面にまわるような強火の必要はありません。

焦げ付いたり鍋を痛めたりする原因になるので強火はNGです。

ハンドルが脱着できる

それぞれの違いについては上記でご説明した通り。

ハンドルの比較動画にジャンプして戻る!

『十得鍋』のハンドルは2019年にリニューアルされたので、追加購入しました。

リニューアルされたハンドルの方が断然使いやすいです。

『クリステル』
クリステル
『十得鍋』
十得鍋新旧ハンドル上:旧ハンドル 下:新ハンドル

入れ子式で省スペース収納できる

『クリステル』
クリステル チェリーテラス出典:チェリーテラス
『十得鍋』
十得鍋3つの鍋とフタが吊り戸の一角に収まります

汚れが落ちやすく衛生的

たいていの汚れはどちらも普通の洗剤とスポンジでつるんと汚れが落とせます。

少々のこびりつきは、お湯を沸かしたり、メラミンスポンジでこすったりするときれいに落ちます。

参考:『クリステル』の『Lエル』シリーズって?

『クリステル』の新しいデザインのシリーズです。

使用したことはありませんが、『グラフィット』との違いを含めて簡単にご紹介します。

  • 底の作りが『グラフィット』はすぼんでいるのに対し『Lエル』は寸胴で底面積が広くなっている。
  • そのためIH調理器の場合は熱効率が勝る
  • 底面積が広い分、『グラフィット』より重い
  • 別売りのガラス蓋はプレート状で薄く、極限まで収納性にこだわっている
  • 値段は『グラフィット』よりもさらに高い設定
  • 『グラフィット』は艶やかな鏡面加工なのに対し、『Lエル』はマットな仕上げ

『クリステル(グラフィット)』『十得鍋』の比較まとめ

ここで最後にもう一度、比較の一覧表です。

※主観によるところもあります。

『クリステル』 『十得鍋』
製造元 フランス 日本(新潟県燕市)
値段 高め 手頃
鍋本体の継ぎ目 あり なし
食洗器について 使える 使えなくはないがおすすめではない
ハンドルについて 洗える 洗えない
フタについて ・共通フタなし

各サイズのフタは重ねて収納できる

ひっくり返して置くと安定

3サイズ共通フタあり

・(別売りの)各サイズのフタは重ねて収納できない

・ひっくり返して置くには不安定

スタイル スタイリッシュ ぽってり愛らしい
アフターサービス 10年保証 無期限保証

いかがでしたでしょうか?どちらか決められそうですか?

簡単にまとめてみましょう。

『クリステル』はこんな人におすすめ

価格はちょっと高くても気分のアガるオシャレなキッチン用品を使いたい

気にせず食洗器でガシャガシャ洗いたい

『十得鍋』はこんな人におすすめ

やっぱりコスパは重視

Made in Japan&無期限保証が安心が魅力

どちらも信頼置けるブランドで、欲しいパーツを買い足したりしながら長く付き合っていけるのがいいですね。

一生モノのお鍋選びの参考になりますように・・・。

買ってよかった!キッチングッズ
キッチン用品のおすすめ!買ってよかったものベスト8【二人暮らし】小さなキッチン、夫と二人暮らしのわが家。 基本的にはあまりモノを増やしたくないので、何か購入するときはかなり慎重になります。 ...
ビタクラフトウルトラ
愛用歴20年!熱効率抜群『ビタクラフトウルトラ』ステンレス多層鍋をレビュー十得鍋、クリステルと続いて、愛用のお鍋シリーズ第三弾です。 実は一番長いお付き合いなのがビタクラフト。 アメリカ製のビタクラフトには...
ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。