レシピ

お弁当に!めんつゆで作る豚ひき肉のそぼろの作り置き

豚そぼろ

調味料はめんつゆだけ。しょうがはチューブしょうがで構いません。豚ひき肉100gで作っていますが、お気に召したら2倍、3倍の量でどうぞ。

作り置きで4~5日は十分日持ちします。

同じ要領で鶏そぼろも作れます。
鶏ひき肉の方がさっぱりした仕上がりですが、私はコクのある豚そぼろの方が好きです。

カリカリに炒めた炒めひき肉も好きでよく作っているのですが(下記リンク参照)、こちらのそぼろは油を使わないのでヘルシーだし、コンロ周りも汚さず短時間でできるので手軽です。

豚ひき肉のカリカリ炒め
作り置きで便利!豚ひき肉のカリカリ炒め じっくり炒めた豚ひき肉は臭みもなく、うま味がとコクが引き出されてちょい足しにぴったり。 あったかご飯にのせたり、お弁当、おにぎり...

めんつゆで作る豚ひき肉のそぼろの作り方

材料

  • 豚ひき肉  100g
  • 3倍濃縮めんつゆ 大さじ1
  • しょうが  1/2かけ(約5g)
  • (しょうがチューブでもOK)
めんつゆの濃度の換算

例)3倍濃縮で10㏄使用する場合

  • ストレートつゆなら ×=30㏄
  • 2倍濃縮つゆなら    ×1.5=15cc
  • 4倍濃縮つゆなら  ×0.75=7.5cc

作り方

1.しょうがはすりおろす。

 

2.材料すべてを鍋にいれる。

豚そぼろ

3.箸でかき混ぜながら、中火で加熱する。

豚そぼろ

4.色が変わり、水分が飛んでパラパラになったらできあがり。

豚そぼろ使用している鍋 『十得鍋』

宮崎製作所の【十得鍋】口コミ!重ねて収納できるステンレス多層鍋【ハンドル動画あり】

こちらもどうぞ。

めんつゆを使った簡単レシピ

こんにゃくのめんつゆ煮
調味料はめんつゆだけ!味しみこんにゃくの作りおき2019.10.17更新 味付けは3倍濃縮めんつゆをそのまま入れるだけ! めんつゆの分量も覚えやすく、考えずに作れる味しみこんにゃく...

作り方のポイント

きれいにパラパラになるように、絶えず菜箸でかき混ぜながら加熱してください。

今回100gと少量なので菜箸2本で混ぜていますが、量を増やして作る場合は5~6本使うとダマになりにくいです。

あたたかいご飯やお弁当にどうぞ(^^)

ちょっと便利なしょうがの保存法

しょうがは冷蔵庫で干からびてしまったり、なんかヌルっとしてきたり、うまく保存するのがむずかしいです。

最近気に入っているのがこの保存法。

適当な大きさに切ってお酢につけて冷蔵庫に入れておくだけで、かなりフレッシュ感が保てます。

しょうが酢漬け

 

3週間は全然平気です(もっと大丈夫だと思うけど、それ以上ためしていません)。

加熱料理はもちろん、生ですりおろして使ってもあまり酸味は気になりません。

 

上のすりおろししょうがの写真はこちらの酢漬けしょうがをおろしたもの。

多少フニャッとしますが、ふつうにおろせます。

もちろん、お酢も普通に使えます。

めんつゆで作る豚ひき肉のそぼろのアレンジ

三色丼
三色丼

冷凍ほうれん草を使っているので、チンして味付けするだけ。

(今回は塩、しょう油、ごま油、すりごま)

炒り卵だけ作りました。

里芋の長ネギのコロッケ
里芋コロッケ 里芋コロッケ

茹でた里芋とサッと炒めた長ネギを合わせて、中にチーズも入れました。

作っておくと何かと使えます。

おためしくださいませ(^^)

ABOUT ME
なばな
なばな
主に台所に生息する主婦ねこです。 夫と二人暮らし。 長く使えるシンプルな台所用品が好き。